化粧水の肌に優しいつけ方

最近は男性も化粧品を使用してスキンケアをする方が増えてきているようです。肌への意識が高まってきたのでしょうか。
しかし、女性から見るとちょっと乱暴なケアをしているような方もいます。
化粧水を使用するとき、肌をこすったり、叩いたりしていませんか。こすったり叩いたりすると肌への浸透がよくなりそうだし、気持ちがシャキッとすると思います。しかし、こすったからといって浸透力が高まるものではありません。肌をこするとバリア機能が低下して肌トラブルの原因になります。
化粧水をつける方法には、コットンと手の2通りがあります。
コットンでつける場合、コットンにたっぷりの化粧水をしみ込ませて、優しくパッティングをします。コットンが毛羽だたないようにたっぷりと化粧水をしみ込ませることがポイントです。
手でつける場合、手のひらに適量の化粧水を取り、両手に広げて、手を顔に押し当ててなじませます。手の位置を少しずつ変えて全体になじませてください。
こうすることで肌への負担を減らせます。